大阪の方におすすめしたい映像・動画制作会社厳選比較5選!PR動画・マニュアル作成・eラーニング教材制作をしたい方まで必見!

大阪の方におすすめしたい映像・動画制作会社厳選比較5選を紹介します!

インターネットがどの家庭でも導入されている現代では、動画によるプロモーションの需要がピークになっていると言っても過言ではないでしょう。しかし映像制作のノウハウがあれば、実践して自社のPRや社員教育に役立てたいものの、うまくまとまったものを作り上げるのは、やはりプロの力を借りるのが、もっとも失敗がないと言えます。

ここでは、大阪でおすすめの映像や動画を制作する企業を5社ほどピックアップしご紹介していきます。ぜひ販促や営業、社員教育などに役立ててみてください。

映像制作を外注する際の流れ



それでは、プロへ映像の外注を依頼する場合、どのような流れで作られていくのでしょうか? 一見自分たちには関係のないことのように思えますが、知っておくことでイメージを共有し、制作費の交渉にも役立てることができます。

なお、肝心の流れは、主に次のように進んでいきます。

① ヒアリング後に企画とコンセプトを決める
② 予算をもとに見積書とスケジュール案を作成
③ 共感を呼ぶシナリオ(絵コンテや台本なども含む)を提案
④ スタッフとタレントのキャスティング
⑤ カメラマンやキャストが参加し撮影
⑥ 映像・動画編集で効果・演出・音楽を加える
⑦ クライアント側への確認・修正作業
⑧ エンコード
⑨ 完成した映像・動画の納品と公開

1から細かく流れをピックアップしていくと、上記のようになるでしょう。ヒアリングでは、映像の長さや入れたい内容、期待したい効果などの要望を応えていきます。それをもとに、クライアント側のイメージに近いものを企画し、コンセプトが決定されるでしょう。

見積もりとスケジュール案を作成して、契約を締結すると、映像・動画制作会社側がオリエンテーションを行い、方向づけをしていきます。決められた動画の時間やイメージを、サンプル映像にし、何の問題もないか確認することになるでしょう。

動画の骨格が定まったら、必要に応じ、スタッフやキャスティングの手配をしていきます。これと並行して、ロケーションも選定していきます。この段階で、スケジュールに遅延や見積もり事項との差異が起こっていれば、クライアント側への相談が持ちかけられるでしょう。

そして撮影では、企画の際に取り決めた流れに沿って撮影し、それをもとに編集を施していきます。映像・動画制作では、編集者のスキルや感性によって、作品のイメージが大きく異なるため、こだわりたいイメージがあれば、前もって実績をチェックし、自分たちのイメージに近いものを作ってくれる編集者かどうかを判断してください。

そして仕上がった映像・動画に問題がないか、クライアント側へ確認します。イメージと大きく異なるといったことが起こらないよう、構成を練る段階で要望はすべて伝えておきましょう。

なお、仕上がった動画はエンコード、要するにデータ量が多い、あるいは重すぎて読み込めないということがないよう、圧縮されます。これらを終えると、いよいよ映像・動画の納品・公開となります。動画サイトやDVDで発表したり、クライアントの要望に沿って視聴することができるようになるでしょう。


・成功の秘訣は撮影前の入念な打ち合わせ!

映像制作の費用相場って?



仮に映像・動画の制作を依頼するとして、その場合あらかじめ費用の相場を知っておくと、予算を決めやすくなるでしょう。費用相場は、撮影内容によって異なりますが、基本的には、次の相場となっています。

【インタビュー:1~15万円】

インタビューでは、撮影時間の長さや、使用する機材の数、動画編集で用いる素材の数によっても変わってくるでしょう。事前にどのような目的で使用するのか、確認してから依頼することで、予算オーバーとなるのを防ぐことができます。カメラマンやアシスタントにも人件費がかかるので、必ず内訳をチェックしましょう。

【テレビCM:50~300万円】

テレビCMの制作にかかる費用は、主に企画・撮影・編集・タレント出演料などが発生します。さらにテレビCMは、映像制作費以外にも、放映費が発生するということを念頭に置きましょう。

また、起用するタレントによって、出演料が大きく異なっており、著名人であればあるほど、当然ながら出演料は上がっていきます。しかしただ有名で影響力のある人を選ぶのではなく、サービスや商品に見合ったキャストに決めていきましょう。

【セミナー・イベント:5~70万円】

セミナー・イベントは、所要時間が長くなるにつれ、料金が上がっていきます。ほかにも編集やオプションを依頼することで、さらに料金が加算されるでしょう。たとえば、ナレーションや音声の別収録といったものがあります。

それだけでなく、開催場所を借りる費用もかかり、それらは見積書からも確認できるでしょう。しかし自分たちで会場を用意できる場合、あるいはミーティングルームを使用するのであれば、打ち合わせの段階で伝えてください。

【WEBムービー:20~80万円】

WEBムービーでは、主に動画の品質や再生時間によって、料金は左右されます。費用が加算されるケースとしては、音響効果やナレーションなどのオプション利用がほとんどでしょう。

WEBムービーはWEB集客の一環となっている手法で、サムネイルや動画編集において、閲覧者を一瞬で惹きつける技術が盛り込まれます。専門のプロモーションやマーケティングなどが求められるため、マーケッターに人件費を割くこともあるでしょう。

【会社PR動画:20~100万円】

これはWEB動画と混合されがちなジャンルの動画ですが、WEB動画が1つの商品・サービスを宣伝するのに対し、会社PR動画は企業の顔となる動画になるため、重要度に大きな差があります。イメージに合った出演者やナレーションを起用するというのは共通していますが、自社のイメージを大きく左右するため、しっかり考えて起用しなければなりません。

撮影や編集は、あまり凝る必要はないものの、企業の魅力がアプローチできる、クオリティの高いものに仕上げることをお願いしましょう。

どんな映像・動画を撮るかも、費用に影響しますが、予算内に収められるかは制作会社にもよるので、前もって比較するようにしてください。


・相場を知ってどんな宣伝をするのか予算を決めていこう!

映像制作会社を選ぶポイント



映像・動画を制作するにあたって、プロに依頼することを決めたはいいものの、何を基準に制作会社を選ぶべきかわからなければ、どうしようもありません。もし依頼する場合は、次のポイントを最低限押さえておけば、理想の制作会社を選べるはずです。

実績

映像・動画の制作実績をチェックするのは、どのくらいのクオリティで作品を仕上げられるのかをイメージするのにも、重要な資料となります。ホームページに制作実績を掲載していたり、動画を公開していることもあるので、自分たちの理想に近いものを作ってもらえそうか、そこで判断するのもいいでしょう。

その際は、YouTubeなどの動画サイトで公開したいのか、求人目的に使うのか、セミナーなどで発表するのか、人材育成の教材にするのかなどをハッキリさせておきましょう。なぜなら、制作会社ごとに、どれだけ実績があるかは異なります。

用途に見合った映像・動画をどこなら作れるかは、実績から判断することができるでしょう。

納品スピード

制作期間がどれだけかかるかにも、気をつけなければなりません。基本的には、先方と話しあって納期を決める方法がスタンダードでしょう。納期の基準をホームページなどで説明しているケースもありますが、どんな内容で発注するかで、納期は大きく変わってくるでしょう。

ちなみに、納期について問い合わせると、きちんと答えてくれる制作会社は多いので、どんな内容で作成するのかを決めて、何社か納期について相談してみてください。その中から、自分の理想に近いところを選ぶといいでしょう。

提案力

映像・動画の制作を依頼するにあたって、自社や商品のイメージを伝えることは欠かせないステップとなります。しかし初めて外注するとなると、うまくイメージできないこともあるでしょう。そんなとき、制作会社側でストーリーや長さなども含めて、内容をどうするか提案してもらえると助かるでしょう。

提案力がないところは、こちら側の要望を言われたとおりに作ることしかできず、かえって理想に反した作品になってしまいかねません。このような事態を避けるために、制作会社の担当者と会い、ヒアリングの際に制作やサポートなどで気になる問題を解決することを試みて、納得のいく仕事をしてくれる制作会社かどうか見極めましょう。

得意分野とニーズが一致しているか

クライアント側が映像・動画制作をなぜ依頼するのか、その理由はそれぞれ異なるでしょう。そしてその理由ごとに、選ぶ制作会社の性質も変わっていきます。それは、制作会社によって、得意分野が異なるためです。

たとえば、テレビ局レベルのハイクオリティな教育教材を得意としているところもあれば、リアルタイムのオンライン配信サービスに長けたところもあります。採用活動の会社PRビデオが得意な会社もありますし、テレビCMに特異なところもあります。自社のニーズをまずは整理し、そのうえでニーズに沿った得意分野を持つ制作会社を選びましょう。

どんな映像・動画を作っていて、またどれくらいのスピード感でもって納品できて、そして自分たちが気づかないようなところにも目を配って提案できるかは、制作会社の実力を測り、成功の道をたどるうえでも大きな分岐点となるでしょう。アフターフォローなどにも着目しつつ、自社との相性がよさそうな得意分野を持った制作会社を選んでください。


・自社が何を求めているかハッキリさせて計画的に制作会社を選ぼう!

大阪のおすすめ映像・動画制作会社5選!

ONE STUDIO(ワンスタジオ)の画像1
多くのコンテンツを使い放送局レベルの教育動画を作成

ONESTUDIO北堀江(ワンスタジオ)は、さまざまなジャンルの動画を得意としており、教育教材からセミナー・イベント、生配信番組の制作など幅広く対応しています。

放送局が作るものに引けを取らないクオリティの教育教材を制作し、録画編集はもちろん、リアルタイムの配信によって授業に参加する環境を作ることにも長けているので、遠隔教育を大きく進化させることができるでしょう。

ONESTUDIO北堀江(ワンスタジオ) の基本情報

価格 【パック料金(オペレーター付き)】
1時間基本料金:30,000円
2時間:50,000円
4時間:100,000円
8時間:190,000円
おすすめ商品やコース 商品説明・PR動画制作
Web配信
イベント演出
eラーニング
アクセス 【撮影スタジオ】
〒550-0014
大阪府大阪市西区北堀江2丁目2-24PRADIPA北堀江ビル401
TEL:06-4394-8949
制作動画事例

株式会社プロシーズの画像1
導入企業数2,400社以上! 大手企業がズラリ

2,000以上のコンテンツを、16年以上制作してきた実績を持つプロシーズは、体験型eラーニングを駆使した、最新型の教育ソリューションを提供しています。VR教材を提供し、全方位の疑似空間を体験して、より身につく教育が実現できるでしょう。

独自のオンラインスクールの運営経験があり、オリジナルのオフィス教材は、MOS公式認定となっているため、教材のクオリティにも自信を持っています。

株式会社プロシーズ の基本情報

価格 【スタジオ利用】
4時間:10万円
8時間:15万円
おすすめ商品やコース 映像教材
Flash変換サービス
アニメーション教材 など
アクセス 〒564-0052
大阪府吹田市広芝町10-25 第2池上ビル1F MAP
TEL:06-6190-6276 FAX:06-6190-6278
制作動画事例
株式会社アントレプレナーファクトリーの画像1
3,000以上の教育動画を制作!

これまで500回以上の企業研修と、3,000以上の教育動画を制作、そして500回以上の動画配信をしてきアントレプレナーファクトリーは、10年間におよぶ起業家教育に取り組んできました。

研修・セミナー・対談動画のクオリティに自信を持っており、専任の映像スタッフが機材の準備から納品まで、一貫してサポートしています。

株式会社アントレプレナーファクトリー の基本情報

価格 【スタジオ利用】
1時間:9,800円〜※2時間利用から
プランA:84,200円
プランB:159,200円
おすすめ商品やコース プランA:すぐ来てセルフで撮れるコスト重視プラン
プランB:4時間おまかせプラン
アクセス 〒530-0001
大阪市北区梅田2-5-4 千代田ビル西館6F
TEL:06-6344-5995
制作動画事例
株式会社PANDASTUDIO.TVの画像1
レンタルスタジオや会議室のスタジオ化を実現!

パンダスタジオは撮影スタジオ事業を中心に、中継配信やLED、レンタル機材、オリジナル機器の開発といった、幅広い事業に取り組んできた映像制作会社です。

保有しているスタジオは小型から160坪の大型のものまでさまざまあり、どのスタジオでもクロマキーやバーチャルセットによる合成が可能で、さらにハイビジョン~4Kでの高画質で撮影できるため、高品質な動画に仕上がるでしょう。

株式会社PANDASTUDIO.TV の基本情報

価格 【スタジオ利用】
4時間:15万円+税
6時間:20万円+税
8時間:25万円+税
おすすめ商品やコース 【パンダスタジオのeラーニング制作方法】
電子黒板を利用/クロマキー合成/ハイパークロマキー合成
アクセス 〒 541-0056
大阪府大阪市中央区久太郎町3-1-27 船場大西ビル3F・6F(スタジオ・オフィス)
TEL : 0800-222-5566(フリーコール)
制作動画事例
株式会社デジタル・ナレッジの画像1
95年創業! eラーニング一筋で20年以上

デジタル・ナレッジは、95年の創業からeラーニング専業で、全国各地のクライアントと受講者を、「学びの架け橋」で繋ぐことに取り組んできた、映像制作会社です。

ラーニングアナリティクス総合サービスでは、教育ビッグデータによる分析で、受講者の学習傾向や行動などを可視化し、分析結果をもとに、レコメンドやアダプティブなどのアクションを起こす無料サービスも展開しています。

株式会社デジタル・ナレッジ の基本情報

価格 制作会社への依頼は高い費用がかかることが多くクオリティや改定時の対応などの手間がかかるといった課題があったが、デジタル・ナレッジではインタラクティブで教育効果の高いビデオ教材を簡単に作成配信できる。
おすすめ商品やコース eラーニング専用プロダクツ(製品)
eラーニングシステムカスタマイズ(構築)
eラーニングサーバー運用(ホスティング)
コンテンツ製作・販売(教材) など
アクセス 〒550-0002
大阪府大阪市西区江戸堀1-12-8 明治安田生命肥後橋ビル12F
Tel:06-6444-4901 Fax:06-6444-4902
制作動画事例

おすすめ映像・動画制作会社の一覧表まとめ

イメージ
会社名株式会社 Wise Up
(ワイズアップ)
株式会社プロシーズ株式会社アントレプレナーファクトリー株式会社PANDASTUDIO.TV株式会社デジタル・ナレッジ
特徴①さまざまなコンテンツを使用して撮影可能2,000コンテンツ以上を16年以上かけて作成500回以上の企業研修と3,000以上の教育動画を制作映像制作に関連するさまざまな事業を展開95年創業からeラーニング一筋でサポート
特徴②放送局クオリティの教育教材が作成可能体験型eソリューションによる最新型の教育を実現10年間に渡り起業家を教育小型スタジオ~160坪の大型スタジオを用意教育作成・学習・運用管理を一元化
特徴③教育先進国の教育現場と同じ映像システムを採用Flash変換サービスやアニメーション教材も提供便利な駅チカでお得に動画を撮影できるネット生配信からテレビ生中継まで幅広く対応アナリティクス総合サービスで学習傾向を分析
申し込み経路・利用方法お問い合わせフォーム・電話各種フォーム:資料請求/お見積り・お申込み/お問い合わせ ほか:電話お問い合わせフォーム/電話お問い合わせフォーム/電話各種フォーム:資料請求/お見積り・お申込み/お問い合わせ ほか:電話
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

その他:【大阪府】映像・動画制作会社の一覧紹介

Byun Graphics(ビュングラフィックス)の画像

基本情報
住所 〒530-0028 大阪市北区万歳町4-12 浪速ビル西館9F
公式サイトURL
https://widewindows.com/byun-graphics/

CLEF MOVIE(クレフムービー)の画像

基本情報
住所 〒540-0003 大阪市中央区森ノ宮中央1-14-2 鵲森之宮ビル8F
公式サイトURL
https://movie.design.io/

CapWorks (キャップワークス)の画像

基本情報
住所 〒550-0014 大阪市西区北堀江1-6-5 大輪ビル6階B号
公式サイトURL
https://capworks.jp/

サムシングファンの画像

基本情報
住所 〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島1-4-40 JBSL梅田ビル 4F
公式サイトURL
https://www.somethingfun.co.jp/

LUZZ STUDIO(ラズスタジオ)の画像

基本情報
住所 〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-2-1 本町リバーサイドビル8F
公式サイトURL
https://www.luzzstudio.com/

astratto(アストラット)の画像

基本情報
住所 〒531-0073 大阪市北区本庄西1-6-14
公式サイトURL
http://www.astratto.jp/index.html

メディア・ヘッドの画像

基本情報
住所 〒530-0047 大阪市北区西天満5-16-13 NF高橋ビル3F
公式サイトURL
http://www.media-head.co.jp/

シードアシストの画像

基本情報
住所 〒530-0044 大阪市北区東天満2-8-1 若杉センタービル別館
公式サイトURL
https://movie.seedassist.co.jp/

映像・動画制作サービスを利用するにあたって、まず具体的にどんなサービスがあって、どんなメリットがあり、利用の際にどのような流れがあって、費用相場はいくらぐらいになっているのかなどを、あらかじめ知っておくことをおすすめします。以下のアドバイスを、ぜひチェックしてください。

動画・映像制作サービスって?何が依頼できる?



動画・映像制作サービスでは主に、企業が自社で出している商品やサービスなどを、わかりやすく、かつ魅力的に伝えるための、映像コンテンツを作成しています。近年ではプロモーション活動において、クオリティの高い動画を作りたいけど、自社に制作に必要なリソースがないといった悩みを持つ企業から需要があり、非常に高く評価されています。

主にどのようなことが依頼できるのか例を挙げると、まずオンラインを活用した「WEB配信動画制作」では、YouTubeなどの動画サイトや、SNS広告などを活用したWEB配信サービスを利用できるでしょう。このサービスでは、専門家がそれぞれの媒体に応じ、配信方法を提案して動画制作を行っています。

ほかにも「セミナー・プレゼンの映像制作」も行われています。このサービスで作られる映像は、セミナー会場や展示会などにおいて、欠かせない販促活動となるでしょう。また、オンラインセミナーなどにも活用できます。

また、「eラーニング(マニュアル)制作」などのサービスも提供されています。このサービスでは、さまざまな業種における、固有のサービス知識や営業手法、社内手続き、業務マナーといった教育内容について、eラーニングによる教材サービスを制作するものとなっているので、社員教育がスムーズになるでしょう。


・社内外問わず伝えたいことをスムーズに理解してもらえる便利なサービス!

映像制作するなら外注?自社制作?それぞれのメリット・デメリット



映像の制作を行うにあたって、映像制作のスキルを持つ従業員がいるから、もしかしたら作れるかもしれないと、内製を検討する企業もあるでしょう。しかし自社でいざ作るとなると、準備しなければならないことがたくさんあります

果たしてそれらは、自社だけで何とかなるのでしょうか? 実情と結果、どちらにするのが賢明かについて説明したいと思いますので、ぜひ参考になさってください。

自社制作のメリット

映像作成を自社制作で行うにあたって考えられるメリットは、次の内容になっています。

自社制作だと、まず予算設定を自分たちで決められることが大きなメリットになります。そのため基本的な設備コストと人件費ほどで済むため、予算削減になるでしょう。外注だと、単純に動画の時間だけを例に挙げるなら、15~30秒で数万円かかります。

参加者も限られないため、社内にいる誰もが制作に関わることができるでしょう。社内リソースが許されれば、制作本数にも制限がありませんし、好きなだけ映像を制作することができます。

また外注する場合、お互いの都合をすり合わせなければならないため、急な予定変更の場合に対処しきれない可能性があります。しかし自社制作だと、そのような場合でも柔軟に対応しやすくなるでしょう。

ほかにも自社制作では、自社ブランドや商品、マーケティング戦略などにおいて精通している従業員との制作ができるため、外注先に説明する手間がありません。そのような情報提供の工程がなく、守秘義務契約書を締結し、情報開示をする必要がないので、情報漏えいのリスクも減少するでしょう。

自社制作のデメリット

反対に、デメリットは何なのでしょうか?

まず、映像制作チームを発足する必要があるため、定常的な人件費などが発生します。また、専門ソフトや機材を用意し、環境を作らなければならないので、そちらにもコストや扱う技術などが求められるでしょう。

映像のクオリティも、やはりプロに依頼するより劣ってしまう懸念があるでしょう。機材はレンタルであればともかく、外注するよりもコストが高くなりがちです。ロケ地や撮影場所、キャスティングも手配しなければなりませんし、そこへかけた時間と費用次第では、外注よりかえって高くつくこともあるでしょう。

また、本来別の業務に携わっていた従業員を、自社制作に回してしまうと、通常業務を圧迫してしまいます。本業と同時進行で行っていると、残業が増えてしまうことが考えられるでしょう。

外注のメリット

では、外注する場合には、どんなメリットがあるのでしょうか?

やはり、外注先は専門事業とあって、最新の機材やソフトを取りそろえているため、自社で予算内で押さえた機材よりも、断然に映像や編集がハイクオリティに仕上がります。また、専門家によって、ノウハウに基づいたアイディアを提案してもらえるため、商品のPRに効果的な演出や撮影方法などが実現できるでしょう。

さらに、自社の人員の労力を投じることがないので、本業へ支障を来しにくくなります。どんなに短い動画でも、機材やソフトウェアだけで準備に手間取りますし、出演者の交渉や撮影・編集作業でも、大幅なタイムロスが見込まれるでしょう。しかし外注することによって、そのロスが抑えられ、自社の担当者は基本的に確認作業だけで済みます。

外注のデメリット

非常に便利で効率のいい外注ですが、デメリットももちろんあります。

まず、制作会社に依頼するにあたって、どこにおまかせするか選ばなければならず、それを決めるのは自社の担当者に委ねられます。すでに取引先があれば苦労しませんが、はじめから探すとなると、少々時間を要するでしょう。

また、自社のイメージや製品の情報について共有する必要があるので、落とし込んでもらうのに説明の手間や時間がかかります。この意識がずれてしまうと、会社のイメージや商品の意図が間違って伝わりかねない動画ができてしまう懸念があるので、この工程は綿密にやり取りしていく必要があるでしょう。

プロへ外注するのがおすすめ

映像制作は、制作環境が充実していないようであれば、基本的にプロへ外注することをおすすめします。また自社制作だと、どうしても客観性を欠いてしまいがちで、主観的な仕上がりになってしまうことも考えられるでしょう。

映像制作会社は、企業の魅力をピックアップするノウハウを持っているので、自分たちでは、あれもこれも魅力があるから、極力たくさん伝えたいと思うかもしれません。しかし情報量が多すぎても、却って伝わりにくくなってしまうので、客観的に必要最低限の情報を伝えることに長けた専門家におまかせした方が、うまくいきやすいでしょう。

専門外のこととなると、想定外のトラブルも起こりやすく、計画通りに進めることが難しくなってしまうでしょう。スケジュールを立てても、どれくらいのスパンで制作していけるかが不透明で、理想と現実のギャップに悩まされてしまいやすいので、できれば専門家へ外注し、本来の業務を滞りなく進めていくことをおすすめします。


・プロに外注して自社や商品のイメージをすり合わせれば成功率アップ!

まとめ


映像・動画制作会社への依頼を検討している企業の方は、どのような基準で選択していくべきか、見通しは立てられそうでしょうか? 制作会社によって、どんな映像・動画になるかは十人十色なので、まずどんな映像・動画を作って、どんな効果を期待するのかを決めるのは、もっとも基本的なこととなるでしょう。

このようなサービスは、教育面に長けたものから、エンタメ性に富んだものまで、全体を見ると180度違う分野となっています。もし、イメージとまるで違うことが、ホームページなどを見ただけで、わかりきっている会社に依頼して失敗してしまっては、文句も言えません。

ここで説明させていただいた内容を、ぜひ映像・動画制作会社選びにお役立てください。

 

記事一覧

会社名 株式会社メディア・ヘッド 事務所 大阪市北区西天満5-16-13NF高橋ビル3F Studio 南森町スタジオ 大阪市北区西天満5-16-13NF高橋ビル4F お問い合わせ TEL: ・・・[続きを読む]
会社名 株式会社シードアシスト 所在地 株式会社シードアシスト 〒530-0044 大阪市北区東天満2丁目8番1号 若杉センタービル別館 TEL:06-6354-8088 FAX:06-63 ・・・[続きを読む]
事業者名 LUZZ 【ラズ】 事業内容 貸切りフォトスタジオ「LUZZ STUDIO」の運営、カメラマン派遣業、アパレル製造及び卸業 運営責任者 中山顕也 住所 〒541-0053 大阪府大 ・・・[続きを読む]
社名 株式会社クレフ 創業 平成15年5月 設立 平成17年10月11日 資本金 1000万円 代表取締役社長 犬丸羊司 事業内容 映像制作 動画編集 WEBサイト制作(https://we ・・・[続きを読む]
事務所名 株式会社CapWorks(キャップワークス) 住所 〒550-0014 大阪市西区北堀江1丁目6-5 大輪ビル6階B号 設立 2016年4月 事業内容 【映像制作】 企業VP・テレ ・・・[続きを読む]
社名 株式会社ワイドウィンドウズ 英文社名 WIDE WINDOWS Inc. 本社 OFFICE 〒530-0028 大阪市北区万歳町4-12 浪速ビル西館9F TEL : 06-6313 ・・・[続きを読む]
社名 株式会社協立倉庫 名称 astratto(アストラット) 代表者 代表取締役社長 境恭史 設立 2012年11月1日 所在地 〒531-0073 大阪市北区本庄西1丁目6番14号 TE ・・・[続きを読む]
動画共有プラットフォームで動画を見るのが当たり前の時代になり、ビジネスや個人で、手軽に映像を投稿できるようになりました。人に見られる動画を作成するには、映像をこだわって作成する必要があります ・・・[続きを読む]
映像制作を初めて依頼する際は、わからないことが多いものです。しかし要望を伝えられないと、自分のイメージとは違った映像が納品されることもあります。映像制作には費用がかかるため、失敗したくないと ・・・[続きを読む]
近年は、オンライン上だけで学校の授業が完結する「オンライン授業」に注目が集まっています。しかし、「オンライン授業をしたいけど、どう撮影をすればいいかわからない……」という方も多いのではないで ・・・[続きを読む]
企業をアピールするために、PR動画の作成を検討する会社も多くなってきています。しかし、いざ企業のPR動画を作ろうと思っても、そもそもどんなメリットがあるのかがよくわかっていない方も多いのでは ・・・[続きを読む]
実際に映像制作を依頼する場合、明らかにしておかなくてはいけないポイントは3つあります。「目的とターゲットを明確にする」「映像制作会社の実績をチェックする」「複数の会社の見積もりをチェックする ・・・[続きを読む]
近年では大勢の人がYouTubeの存在を認知し、活用しています。そのような高い認知度を誇るYouTubeを利用したいと考えている企業も多いのではないでしょうか。それでは、認知度が極めて高いY ・・・[続きを読む]
「映像製作は映像会社や経験のある個人に依頼するしかない」と思っている人は多いのではないでしょうか。自分で映像制作ができたら依頼をしなくてよいため、経費を安くおさえることができます。個人で仕事 ・・・[続きを読む]
映像制作は個人事業主に依頼することも可能です。フリーランスは個人事業主なので、仕事を依頼しても大丈夫か思う人もいるでしょう。フリーランスのクリエイターの経歴はさまざまですが、映像会社で働いて ・・・[続きを読む]
スマホ、タブレットでも動画を制作できる時代が到来し、家庭用のビデオカメラの性能もクオリティーの高く、キレイな動画が撮影できるようになりました。しかし、自社の商品やサービスを宣伝するための広告 ・・・[続きを読む]
WEB用の映像制作をしようと思っても、過去に動画を作った経験がないと「どういう映像を作ればいいんだろう…?」と悩む方もいるのではないでしょうか?動画をより多くの人へ届けたいなら、観る人に刺さ ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:株式会社クレフ 住所:大阪市中央区森ノ宮中央1-14-2 鵲森之宮ビル8F TEL:サイト内問い合わせフォーム有り 株式会社クレフは大阪にオフィスを構えている映像作成会社で ・・・[続きを読む]
映像制作を外注するなら「実績」は重要です。とくに、映像は会社によって演出方法などが大きく異なるため、自社の作りたい映像を作ってくれそうな会社を探す必要があります。映像制作には明確な正解がない ・・・[続きを読む]
近年では、時間や場所に縛られることがなく、後から見返せるセミナー動画の需要が高まっています。そこで重要になってくるのが動画としてのクオリティで、音が聞き取りにくかったり、テンポが悪かったりす ・・・[続きを読む]
会社名:株式会社サムシングファン 住所:(東京オフィス)〒102-0074 東京都千代田区九段南3-1-1 久保寺ビル7F TEL:03-6261-5375 サムシングファンは東京と大阪にオ ・・・[続きを読む]
会社名:株式会社 Global Japan Corporation 住所:〒101-0047 東京都千代田区内神田1-8-9 フォーチュンスクエア(福田ビル)2階 TEL:0120-116- ・・・[続きを読む]
人物が登場するインタビュー動画には、メッセージを伝える力があります。その大きさは他の手段では得られないほどの影響力をもつのです。構成などノウハウがないところから制作をスタートすると、時間がか ・・・[続きを読む]
会社名:WORKAHOLIC(ワーカホリック) 住所:(大阪本社)〒536-0013 大阪府大阪市城東区鴫野東2-19-2-518 TEL:06-6556-6505 WORKHOLIC(ワー ・・・[続きを読む]
会社名:合同会社CROCO 住所:〒657-0846神戸市灘区岩屋北町4丁目4-15-1 TEL:078-200-5840 CROCO(クロコ)は大阪を拠点としている映像作成会社ですが、関西 ・・・[続きを読む]
「大阪で撮影や編集など、映像制作の依頼を出したいけど、予算が心配…。」費用はだいたいどのくらいなのか?内訳はどのような分配なのか?と考える人もいるでしょう。そこで、本記事では少しでもコストを ・・・[続きを読む]