大阪の方におすすめしたい映像・動画制作会社厳選比較5選!PR動画・マニュアル作成・eラーニング教材制作をしたい方まで必見!

大阪で映像制作を依頼する前に知っておきたいポイント3選

公開日:2021/02/15

実際に映像制作を依頼する場合、明らかにしておかなくてはいけないポイントは3つあります。「目的とターゲットを明確にする」「映像制作会社の実績をチェックする」「複数の会社の見積もりをチェックする」ですが、これらが決まっていなければ、効果的な動画の完成は期待できません。それでは、3つをポイントごとに紹介しましょう。

【準備】目的とターゲットを明確にする

どれほど優秀な映像制作会社に依頼しても、「なぜ動画を作るのか?」という目的や「誰に観てほしいのか?」というターゲットがはっきりしていないと、満足できる結果を得ることはできません。目的とターゲットを明確にすることは、映像制作を依頼する前段階で必要なことですから、しっかり準備をしておきましょう。

「なぜ動画を作るのか?」目的の設定

企業名の認知度の向上、企業価値の向上、商品の購入、サイトへの誘導、リクルーティングなど、動画でできることはさまざまです。しかし、内容を盛り込みすぎてしまうとターゲットに伝わらなかったり、動画の時間が長くなったりするものです。準備段階で「なぜ動画を作るのか?」を社内でよく話し合い、動画を作る目的を明らかにしておきましょう。

「誰に観てほしいのか?」ターゲットの設定

誰に観てほしいのかが明確にされていなければ、動画制作はできません。たとえばテレビ番組でも、子ども向けと高齢者向けでは作りがまったく違うのです。年代、性別、職業など動画のターゲットとなる人物像(ペルソナ)をはっきりさせておきましょう

予算・納期は決めておきましょう

目的とターゲットが決まったら、次に予算と納期を決めましょう。予算と納期によって制作できる動画は大いに変わってきます。これらも決まっていないと、映像制作会社もアイデアを提案することが難しいでしょう。ただし、あまりターゲット層を狭めてしまうと、映像制作会社側のアイデアも制限してしまいますから、ある程度の余裕をもたせて決めましょう。

「5W1H」すべて決まっていることが理想

物事を伝えるには「5W1H」が大切といわれていますが、映像制作でも同じです。すでに目的(Why)とターゲット(Who)は決まりましたから、映像をいつ(When)どこで(Where)使うのか、何の(What)どのような(How)映像を使うのかまで、すべて決まっていることが理想でしょう。ただし、すべてを決めることが難しいなら、無理に決めておく必要はありません。映像制作会社の「提案」によって決まるものもあるからです。

業者の実績をチェック

映像制作の目的やターゲット、予算、納期が決まったら、大阪の映像制作会社の中からマッチする業者を選びましょう。その際に、最も参考になるのは業者の実績です。大抵の映像制作会社は過去の実績をホームページにアップしていますから、その中から目的やターゲット、好みに合う業者をピックアップしていきます。

YouTube動画を数多く制作しているところなら、ある程度の長さの動画を最後までみせるノウハウがあると考えられ、テレビCMを実績としてあげているところなら、インパクトがある動画を作るのが得意だと想定できるでしょう。

映像制作会社の提案にも期待しましょう

そして、映像制作会社に依頼・打ち合わせに入るのですが、同時に期待したいのは映像制作会社からの提案です。「アニメーションでいきましょう」「女性のナレーションを使いましょう」など、動画制作に関してアドバイスをもらえます。また、「YouTubeだけでなく、SNSでも発信しましょう」「少し手を加えて、テレビCMにも使えるようにしましょう」といった、動画のマーケティングアドバイスも期待したいところです。

複数社に見積りをお願いするのもおすすめ

大阪には数多くの映像制作会社がありますから、1社だけでなく複数社から見積りを取るのもおすすめです。ただし予算は決まっているため、予算枠内でどの程度の動画を作ることができるのか、映像制作会社からの提案やマーケティングアドバイスが優れているかどうかで判断してください。この場合に注意すべきは、数多くの映像制作会社に声をかけるのは避けることです。選ぶ手間が増えてしまいますから、3社程度にしておくのがよいでしょう。

営業担当者の人柄も大切

見積り書や提案を比較するだけでなく、営業担当者との相性も大切です。実際に映像の制作に入ると、仕上がってきた動画にこちら側の要望を加え、ブラッシュアップしていきましょう。話しやすそう、要望をきっちりとくみ上げてくれそう、マメに足を運んでくれそうといった、営業担当者の人柄も同時にチェックしておくことが必要です。

 

以上が動画制作を依頼する上でのポイント3つなのですが、最後の見積りの比較について付け加えておくことは「金額だけでなく、項目についても比較検討する」ということです。業者によって請け負ってくれる範囲も異なります。これによって、こちら側の要望がどの程度かなのかも変わってくるでしょう。見積り書では金額ばかりに目を取られがちですが、それ以外の項目も同じくらい重要なのです。

大阪のおすすめ映像・動画制作会社5選!

商品画像<
会社名ONESTUDIO北堀江
(ワンスタジオ)
株式会社プロシーズ株式会社アントレプレナーファクトリー株式会社PANDASTUDIO.TV株式会社デジタル・ナレッジ
特徴多くのコンテンツを使い放送局レベルの教育動画を作成導入企業数2,400社以上! 大手企業がズラリ3,000以上の教育動画を制作!レンタルスタジオや会議室のスタジオ化を実現!95年創業! eラーニング一筋で20年以上
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧
エリア別!映像・動画制作会社紹介