大阪の方におすすめしたい映像・動画制作会社厳選比較5選!PR動画・マニュアル作成・eラーニング教材制作をしたい方まで必見!

映像制作は個人に依頼しても大丈夫?メリットとデメリットを解説

公開日:2021/02/01

映像制作は個人事業主に依頼することも可能です。フリーランスは個人事業主なので、仕事を依頼しても大丈夫か思う人もいるでしょう。フリーランスのクリエイターの経歴はさまざまですが、映像会社で働いていた方が独立した場合が多いようです。CM作成を手がけていた、ディレクターだったという方もいます。メリットとデメリットを解説しましょう。

個人(フリーランス)へ映像制作を依頼した場合のメリット

ちゃんと仕事はしてくれるのか、信用できるのかなど個人に依頼するのは不安に感じる人もいるのではないでしょうか。しかし、フリーランスで映像制作を手がけている方の中には、経験者も多いようです。個人(フリーランス)へ映像制作を依頼した場合のメリットもあります。

安く発注できる

個人の映像制作に依頼した場合、制作会社に依頼する相場よりも安い価格で依頼できるでしょう。映像制作会社は利益を出す必要があり、依頼する際には仲介手数料が取られることもあるようです。その点、個人なら仲介手数料がありません。

コミュニケーションを取りやすい

企業に依頼する場合、担当がわかれています。企画、カメラマン、編集、音響など担当が違うので、修正や変更を依頼したくても、担当者に取り次ぐことが難しい場面もあるでしょう。個人の場合は担当がわかれていないので、コミュニケーションが取りやすいようです。

急な変更にも対応してくれやすい

映像制作を依頼する時には変更点が生じることもあるでしょう。企業に依頼した場合は、すぐに内容を変更したくても担当に連絡を入れるので時間がかかります。また、他にも案件を抱えていることもあり、すぐに対応してもらえないこともあるでしょう。個人なら抱えている案件の数にもよりますが、担当がわかれていないため、変更依頼に関してもすぐに伝えることができます。フリーランスは仕事を1人、もしくは数人で行っているため、変更や修正に時間がかかるかもしれませんが快く対応してくれることが多いようです。

スキルが高いクリエイターに出会える可能性がある

個人で動画制作を行っているからといって、経験の浅い人材ばかりではありません。大手で働いていた方が独立したというケースも多いですよ。企業で働くよりも、実績や経験を積める場合もあります。さらに、スキルが高いクリエイターと出会える可能性もあるのです。

個人(フリーランス)へ映像制作を依頼した場合のデメリット

フリーランスへの映像制作の依頼は、メリットだけでなくデメリットもあります。個人の中には経験者も多くいますが、自分で機材をそろえて動画配信などを行っている方もいるようです。素晴らしい動画制作を手がける方もいますが、実務経験が浅い方もいます。個人(フリーランス)へ映像制作を依頼した場合のデメリットを紹介しましょう。

頼めない依頼もある

個人の場合には、特別な機材が用意できないということもあり得ます。企業に比べると作成できない映像もあるでしょう。撮影会社での映像作成は担当者がいて、複数人数で行うことで作業がスムーズに進みます。個人の場合には分担作業もできないため、特殊な撮影がなくても規模の大きな案件は依頼できない、もしくは時間がかかることもあります。特殊な撮影や音響を依頼する、なるべく納期を早く設定したい場合にはフリーランスへの依頼は向いていません

依頼する先によりクオリティーに差が出る

個人の撮影は仕上がりにクオリティーの差が出ます。動画の撮影スキル、編集スキルは仕上がりを見ないとわからない部分があるでしょう。初めて個人に依頼を依頼する時には、実績や経験なども参考にしましょう。以前に手がけた作品などを見せてもらえる時には、あらかじめ確認してから依頼した方がよいです。

連絡がつかないケースもある

フリーランスに仕事を依頼した場合の最悪のケースでしょう。見積もりも問題なし、打ち合わせもスムーズにいき入金をしたら連絡がつかなくなった…。このようなケースもあるようです。会社に依頼すれば、連絡がつかないケースは稀ですが、個人への依頼だと連絡がつかないというケースは会社に依頼するよりも多いでしょう。

個人(フリーランス)への映像制作の依頼は、しっかりと相手を見極めることが大切

個人(フリーランス)への映像制作を依頼しようと考えている方は、相手を見極めることが大切です。個人の場合には技術、センス、費用など差があります。相場よりも価格が安いこともありますが、思っていた仕事をしてくれない場合は不満をもつこともあるでしょう。

フリーランスで映像制作をする方の中に、大手で働いた経験がある方や素人ながらもセンスが秀でている方など信頼できる技術を持っている方も多いようです。クオリティーの高い仕事は料金設定も高くなる傾向にあります。また、仕事を自分の技量以上に請け負って、連絡が取れなくなってしまうケースもあるようです。映像制作をフリーランスの方に依頼するのなら、技術、センスがあり、責任感がある信頼できる方に発注しましょう。

 

映像制作を個人に依頼した際のメリットとデメリットを解説しました。フリーランスの方の中は実務経験者も多いようです。フリーランスの方に依頼するメリットとしては、費用が安い点が挙げられるため、経費を少しでもおさえたい方には嬉しいでしょう。しかし、個人に依頼するということは、メリットだけではなくデメリットもあります。費用以外の技術や信頼度なども視野に入れて、納得のいく映像作成を依頼しましょう。

大阪のおすすめ映像・動画制作会社5選!

商品画像<
会社名ONESTUDIO北堀江
(ワンスタジオ)
株式会社プロシーズ株式会社アントレプレナーファクトリー株式会社PANDASTUDIO.TV株式会社デジタル・ナレッジ
特徴多くのコンテンツを使い放送局レベルの教育動画を作成導入企業数2,400社以上! 大手企業がズラリ3,000以上の教育動画を制作!レンタルスタジオや会議室のスタジオ化を実現!95年創業! eラーニング一筋で20年以上
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
エリア別!映像・動画制作会社紹介