大阪の方におすすめしたい映像・動画制作会社厳選比較5選!PR動画・マニュアル作成・eラーニング教材制作をしたい方まで必見!

【格安】大阪で映像制作を依頼したい!少しでもコストを削減する方法

公開日:2020/12/15


「大阪で撮影や編集など、映像制作の依頼を出したいけど、予算が心配…。」費用はだいたいどのくらいなのか?内訳はどのような分配なのか?と考える人もいるでしょう。そこで、本記事では少しでもコストをおさえつつ、質を落とさず依頼したい時の方法や一般的な平均費用を紹介していきます。映像制作の依頼を検討している人は参考にしてください。

依頼したい内容やクオリティを定めよう

明確にどんな映像にしたいのかをイメージしておくことで、発注側と受注側のやり取りがスムーズに進みます。また、「何を目的とするか、どの媒体に使うか、ターゲットは誰か」と、映像を制作する上で必要な情報が明確であるほど、具体的な費用や提案の打ち合わせがスピーディーに行えます。

大阪では、拘束時間が2時間で2万円台の費用という、格安でビデオ撮影の依頼を受けている企業もあるようです。しかし、依頼内容次第では費用は大きく変動します。たとえば、撮影場所が遠いほど、別途交通費がかかりますし、有名なタレントを起用するとなると、そちらでも費用が発生するでしょう。

そのため、予算に収まる費用なのか、打ち合わせをスムーズに運ぶためにも、事前に映像の内容や出演者、クオリティなどを定めておくことをおすすめします。また、映像制作の費用は、ほとんどが「人員」と「諸費用」によるものです。

■企画による費用

企画とは、映像を作る目的やターゲットに何を感じてもらいたいかなどを決めることです。映像制作する目的を洗い出し、目的に沿った映像を作るための企画を行わなければなりません。たとえば、自社のPR動画を作りたい場合、職場の雰囲気を撮影して見た人に自社で働きたいと思ってもらうことを目的とするケースでは、社員が自然な笑顔で楽しそうにしている映像などを使用すると印象がよさそうです。

「真面目に業務を遂行している映像と、社員旅行では思いっきり羽を伸ばしている映像をバランスよく出せば好印象かな、これなら求人の応募が増えるかもしれないな。」などのように、制作したい映像の企画や目的が明確になっているのなら、自社内で企画しておくことで費用を削減できます。

反対に企画から依頼すると、それなりの費用を見積もっておく必要があります。実写なのか、モーショングラフィックスなのか、アニメーションなのか、有名タレントは起用するのか、絵コンテはどうするのかなど、決めなければいけないことは多数あります。どこまで自社内で準備できるかで費用は異なるので、ある程度どのような映像を撮影するのかの企画は考えておいたほうがよいでしょう。

■人員による費用

いわゆる人件費と呼ばれるもので、依頼を受けた会社が割く人数、タレント費などは人件費が必要になります。基本的には依頼先と話し合って決める場合が多いですが、撮影したい人物が自社の社員で決まっていたり、撮影する場所が近いのなら安くなることがあります。カメラマンや照明、アシスタントにキャスティングなどの人員が多いほど高額で、簡易的な撮影であれば費用が安くなる傾向にあります。

■撮影費用

諸費用ともいわれる撮影費用では、映像を作るために必要不可欠な撮影を、どこで、どのように行うかで費用が変わります。撮影に必要な機材の使用料、スタジオのレンタル料などでかかるコストが異なります。たとえば、社内で社員インタビューの撮影を依頼したいなら、スタジオをレンタルする必要はありませんし、人員もほとんど必要ないので安くなるということですね。

■編集費用

撮影した映像は編集しなければなりません。編集の際、字幕を入れるのか、効果音やBGMはどうするか、撮影した映像にどの程度手を加えるかで費用が変動します。手を加えるほどクオリティが上がり、その分費用も高くなるでしょう。

自社で映像制作を完結できる会社に依頼する

自社制作が中心の会社の場合は、費用が比較的安価となる場合が多いようです。たとえば、実写であれば社員のインタビューの撮影なら、自社で準備ができるでしょう。可能な限り映像に使いたい素材を自社で準備することで、コストを下げることが可能です。映像の素材は自社で準備できるのであれば、編集だけ依頼しましょう。

自社で用意した素材を依頼先へ預けることで、コストの削減が図れるのです。とくに企画は映像制作をする上で最も大事な部分ですので、自社で企画ができると費用のコスト削減が見込めます。

要望を依頼先に最も伝えやすいのは基本的に絵コンテなので、自社で絵コンテを作成しておけば依頼先とのイメージ共有がスムーズになるでしょう。他にも、イラストを使うのであればイラストを、BGMに効果音などの音源もできるだけ用意しておくことで諸費用がおさえられます。映像制作を依頼したいと思った際は、自社でどれほど素材を準備できるか考えてみてください。

出張費が発生しないよう近場の会社に依頼する

映像制作の依頼で発生する費用の内訳に、撮影とは別で出張費という費用が発生する場合があります。自社内での撮影だと、受注側があなたの会社に足を運ばなければならないため、出張費が発生することもあるのです。

撮影場所が1点だけでなく複数ある場合は移動しなければならないため、出張費が加算される恐れがあります。なので、撮影場所を1つにまとめたり、近場で撮影したりすることで、コストをおさえることが可能です。

 

企画をどこまで明確にし、どこまで準備できるかが費用を抑える鍵になります。

「何を」「どこで」「誰に」「なぜ」「どのように」

映像での伝え方や目的の企画を明確にすればするほど、スムーズかつ低コストになります。何を制作するのか、どこで撮影するのか、誰に向けて発信するのか、なぜ発信するのか、どのように感じてもらいたいのか?などのゴールをはっきりしなければ、せっかくでき上がった映像が何の成果も上げず終わってしまうでしょう。依頼先企業とうまく連携し、進捗を確認しながら進めていきましょう。

大阪のおすすめ映像・動画制作会社5選!

商品画像<
会社名ONESTUDIO北堀江
(ワンスタジオ)
株式会社プロシーズ株式会社アントレプレナーファクトリー株式会社PANDASTUDIO.TV株式会社デジタル・ナレッジ
特徴多くのコンテンツを使い放送局レベルの教育動画を作成導入企業数2,400社以上! 大手企業がズラリ3,000以上の教育動画を制作!レンタルスタジオや会議室のスタジオ化を実現!95年創業! eラーニング一筋で20年以上
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
エリア別!映像・動画制作会社紹介