大阪の方におすすめしたい映像・動画制作会社厳選比較5選!PR動画・マニュアル作成・eラーニング教材制作をしたい方まで必見!

映像制作の料金はどうやって決まる?かかる費用の内訳を解説

公開日:2021/02/01

スマホ、タブレットでも動画を制作できる時代が到来し、家庭用のビデオカメラの性能もクオリティーの高く、キレイな動画が撮影できるようになりました。しかし、自社の商品やサービスを宣伝するための広告動画はプロに依頼したいものでしょう。映像制作の料金や内訳など費用など気になりますね。映像制作の料金やかかる費用の内訳を解説します。

例・PR動画の費用内訳

映像制作の例として費用内訳を紹介します。制作費用は、カメラマンや編集スタッフなどの人件費、カメラや編集ソフトなどの機材費で決まるようです。

【PR動画の費用内訳】
企画:5~25万円前後
撮影:5~40万円前後
編集:5~25万円前後
音響・ナレーション:5~15万円

PR動画企画は重要になり、動画の長さによっても変わります。1~3分の動画で5~10万円前後の金額が相場です。撮影費は使う機材や人数、日数によっても異なります。特殊な機材やスタッフが多い、撮影にかかる日数が長くなる撮影ほど金額が高くなるようです。半日から1日の撮影では、5~15万円前後の金額が相場です。

映像制作の費用相場

どんな動画を取るかにより費用も変わってきます。

【インタビュー撮影制作】
3~15万円前後、平均相場は5万円

【セミナーやイベントの撮影】
5~80万円前後、平均相場は20万円前後

【WEB用動画撮影】
20~100万円前後、平均相場は30万円前後

動画内容、日数、必要なスタッフの数、使う機材で費用が変動するのです。映像制作の内訳を知りたい時には、自社がどのような動画を撮影したいかをしっかりイメージしましょう。

料金が変わるケース

映像制作はスタッフが多くなるほど、日数がかかるほど費用が高くなる傾向にあるようです。他にも料金が変わるケースがあります。

・特別な機材が必要か、撮影、編集機器の数など
・映像制作に関わる職種や人数
・アニメーションなど特別な編集が必要か
・特殊音響効果やオリジナルのBGMを使用するか
・字幕は必要か、ナレーションに声優を起用するか
・役者やモデルを起用するか
・納期はどのくらいか

使う機材や動画の内容によっても、料金が変動することがあるようです。特別な機材や編集が必要な場合、特殊音響、オリジナルBGMを使う時なども相場より価格が高くなります。また、ナレーションなどに声優やモデル役者を起用する場合には、アテンド費用やギャランティも加算されるのです。ナレーションは自社で行う、BGMはフリーのものを使うなどすると価格をおさえることができるでしょう。納期に関しても、余裕があるものと急ぎのものでは料金が変わります。費用をおさえたい時には納期面も考慮しなければいけません。

見積もりをしっかりチェック

映像制作を依頼する際に必ず確認したいのが見積書です。どのような映像を依頼したいかで見積もりの金額が変わってきます。見積もりを依頼する際には、作りたい内容をきちんと伝えましょう。見積もりの金額を相場と照らし合わせて、依頼するかどうか決めるようにしてください。

単価×数量にも気を付ける

動画の方針が決まれば、動画制作にかかる日数や必要な要員が定まってきます。日数や要員などがある程度わかれば機材費や交通費、必要なスタッフもわかるので、見積もりの単価や数量も目安がつくでしょう。特別な編集やナレーションの有無でも料金は変わりますが、必要かそうでないかは見積もりを依頼した時点でわかるので、見積もりの価格がある程度見えてくるのです。

自社の映像制作に適したスタッフの人数や機材の数もわかりますね。簡単な撮影内容にスタッフが多いと感じた場合は確認も必要です。また、日数的にはどの程度かかるかも予想がつきますが、見積もりが高いと感じて日数を削ると、撮影内容に満足がいかないこともあります。制作時間や撮影時間はトラブルが起きた時のために余裕を持って調整しましょう。

見積もりは複数の会社へ

映像制作の依頼が初めての場合は、複数の会社に見積もりを依頼しましょう。先ほど相場の紹介をしましたが、制作費用は会社により差が出ます。企画が得意、納期が早い、クオリティーが高いなど会社によっても強みが違うでしょう。映像制作を依頼する時には、自社がどうしたいか考えることも必要です。

・費用を安くおさえたい
・目立つ動画制作を依頼したい
・イメージが曖昧だから一任したい

など、まずは自社の要望にマッチした制作会社をリサーチし、見積もりを出してみましょう。法人会社だけでなく、クラウドソーシングを利用すると個人事業主にも依頼できます。中には曖昧な価格設定で料金を水増ししている業者もいるため、注意が必要です。

映像制作会社を選ぶ際には、見積もりをチェックしましょう。複数社の見積もりを取ることで、要望にもマッチし価格にも内容にも満足いく会社が見つかりやすくなります。初めて映像制作を依頼する時にはわからないことが多いでしょう。疑問に思う部分やわからない部分は、質問してみることで対応のよさもわかります。

 

映像制作にかかる費用の内訳を解説しました。制作を依頼するのなら、まずは見積もりが大切です。映像制作会社を選ぶ際には見積もりをチェックし、疑問やわからない部分は質問しましょう。見積もりは1社だけではなく、複数の会社に依頼することで金額や内容にも差がでます。金額にも内容にも納得がいく制作会社に依頼しましょう。

大阪のおすすめ映像・動画制作会社5選!

商品画像<
会社名ONESTUDIO北堀江
(ワンスタジオ)
株式会社プロシーズ株式会社アントレプレナーファクトリー株式会社PANDASTUDIO.TV株式会社デジタル・ナレッジ
特徴多くのコンテンツを使い放送局レベルの教育動画を作成導入企業数2,400社以上! 大手企業がズラリ3,000以上の教育動画を制作!レンタルスタジオや会議室のスタジオ化を実現!95年創業! eラーニング一筋で20年以上
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
エリア別!映像・動画制作会社紹介