大阪の方におすすめしたい映像・動画制作会社厳選比較5選!PR動画・マニュアル作成・eラーニング教材制作をしたい方まで必見!

自分で映像制作を行う方法とは?注意するべきポイントも紹介!

公開日:2021/06/15

動画共有プラットフォームで動画を見るのが当たり前の時代になり、ビジネスや個人で、手軽に映像を投稿できるようになりました。人に見られる動画を作成するには、映像をこだわって作成する必要があります。そこで今回の記事では、映像投稿未経験の方向けに映像制作の手順と注意すべきポイントを紹介しましょう。興味のある方は参考にしてください。

自分で映像制作を行う手順

企画、構成を考える

動画をつくる上で最も重要なのに軽視されやすいのが、企画や構成を考えることです。どのようなジャンルでターゲット層は誰なのか、また、動画時間などもしっかり決める必要があります。起承転結にすると見やすいので、動画時間が決まったら「起」と「結」を1割、「承」と「転」を4割の割合で内容を考えてみましょう。

動画を撮影する

企画が決まったら、動画を撮影します。誰もが閲覧できる動画を制作する場合は、撮影する前に個人情報が特定されるものはないか確認してください。背景などでも住所を特定される可能性があるので、何も映らない白い壁などで撮影しましょう。日光が自然と入っているか、顔色がよく見えるかも確認することが大切です。同じ画面だと視聴者が飽きてしまうため、「ズームイン」「ズームアウト」を取り入れるとよいでしょう。または別角度で撮影するなど、視聴者を飽きさせないための工夫が必要です。

編集する

撮影を終えたら、編集を行います。長時間撮影した動画も視聴やすいようにカットすることから、数分しか残らない場合が多いようです。重要なところだけ残し、不要だと感じた部分はすべてカットしましょう。また、撮影では入れられなかったテロップを加えることで、強調したいポイントをアピールできます。音楽や効果音を加えれば雰囲気を変えることができ、演出に合う音楽を選ぶと魅力的な動画を制作できるでしょう。

動画を公開する

動画を編集したら、公開しましょう。せっかくよい動画を作り上げても、公開しなければ誰にも見られることはありません。YouTubeの公開には「公開」「限定公開」「非公開」の3つがあり、「公開」は自分のチャンネルに表示され、多くの方に視聴されます。「限定公開」は自分とURLを知っているユーザーしか見ることができません。「非公開」は限定動画をさらに制限したもので、自分と指定されたユーザーしか見られないものです。多くの人に見てもらいたいのか特定の人だけなのか、目的を決めて動画を投稿しましょう。

自分で映像制作を行う際に注意するべきポイント

動画に統一感があるか

動画には統一感が必要です。毎回同じ内容の動画を作るという意味ではなく、カットの仕方やテロップを同じにすることで、動画の統一感が増してブランディングできます。人間は急な変化に対して戸惑うものなので、編集方法を統一して視聴者が離れないようにしましょう。また、同じ編集を続けると作業効率も上がるので、編集時間を短くできます。

尺は長くないか

動画の尺は長すぎないようにしましょう。人は代わり映えのない、長い話を敬遠する傾向にあります。そのため、無駄を省いた短い動画が視聴者から好まれるようです。面白い動画を作っても長いと飽きてしまい、面白くないと判断された結果、見てもらえる可能性が減ってしまいかねません。そのリスクを回避するために動画の尺は短くし、物足りないくらいが次の動画を見てくれるきっかけになります。

著作権の侵害していないか

また、自分が知らない間に著作権を侵害している場合があります。どこまで使用できるのか調べてから動画を投稿しましょう。著作権を侵害してしまうと、罰金などの刑罰が科せられます。一度著作権を侵害してしまうと信頼を失い、視聴者の数も激減してしまう可能性があるため、著作権は守るようにしてください。

自分で映像制作を行う場合は目的と流れを意識しよう!

動画作成には、目的意識をもつことが重要です。何を伝えたいのか目的が定まっていないと、動画の軸がぶれて、視聴者に伝わりにくい動画を作成することになります。目的のある動画を作成するのは、モチベーションを保つのにも有効です。目的と同じように流れを意識することも重要で、どのように内容を伝えれば、視聴者にわかりやすいか検討しましょう。

起承転結の流れがオーソドックスですが、スタイルが自分に合わなければ視聴者にも内容が伝わりません。自分の流れを見つけて、わかりやすい動画を作成しましょう。目的と流れさえしっかりしていれば、編集機能を使わなくても完成度の高い動画になるため、初心者は目的と流れを意識しましょう。

 

今回は自分で映像制作を行う方法と、注意点について紹介しました。編集や撮影技術は後からでも身につけることはできますが、目的や流れなどは動画撮影の基礎となる部分なので、最初のうちから意識し続ける必要があるでしょう。視聴者が増えれば自然と認知度も上がり、ブランディングにも挑戦できます。

大阪のおすすめ映像・動画制作会社5選!

商品画像<
会社名ONESTUDIO北堀江
(ワンスタジオ)
株式会社プロシーズ株式会社アントレプレナーファクトリー株式会社PANDASTUDIO.TV株式会社デジタル・ナレッジ
特徴多くのコンテンツを使い放送局レベルの教育動画を作成導入企業数2,400社以上! 大手企業がズラリ3,000以上の教育動画を制作!レンタルスタジオや会議室のスタジオ化を実現!95年創業! eラーニング一筋で20年以上
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧
エリア別!映像・動画制作会社紹介