大阪の方におすすめしたい映像・動画制作会社厳選比較5選!PR動画・マニュアル作成・eラーニング教材制作をしたい方まで必見!

WEB配信の基本を解説!必要な機材や配信のコツ

公開日:2021/08/15


「WEB配信をしたいけれど何が必要かわからない」「機材は用意できたけどその後どうすればいいの?」といった方は多いかと思います。今回はそんな疑問の解決にきっと役立つ情報として、WEB配信に必要なもの、配信の種類やコツなどを中心に解説していきます。ぜひ参考にしてください。

WEB配信の事前準備

WEB配信をする際に準備すべきことはさまざまありますが、必ず手配しておかねばならないのが撮影場所と出演者です。それぞれ詳しく解説します。

撮影場所の確保

まずは撮影をする場所は必ず手配しましょう。撮影場所は意外と重要で、どんな内容の動画を配信するかにもよりますが、環境音が入りにくいところや、照明機器やセットが充実しているところを選ぶのが基本です。大半の場合は貸し会議室などで行うことが多いですが、もし会議室のような広い部屋がない場合は、時間制のスタジオなどもあるのでそちらを利用するとよいでしょう。

出演者のオファー

さらに重要なのは出演者です。出演者に関しては誰でもよいというわけではありません。わかりやすい動画を作るにはトーク力も必要となってきます。トークが上手い人が会社にいればその人にお願いするのもよいですが、もしいない場合は出演者を探してオファーをしましょう。トークが上手い人の探し方としては、イメージに合ったタレント等を探す方法や、クラウドソーシングなどで探す方法などがあります。タレント等への依頼はある程度の予算が必要になりますので、資金に余裕がある場合に検討するようにしましょう。

配信に必要なもの

配信するためには機材等が必要になることは想像できると思います。ただ、具体的にどんな機材があったほうがよいかはあまり知らないという方も多いでしょう。ここからは必要な機材やあると便利なアイテムを一部紹介します。

とにかくカメラは必須最悪スマホでもOK!

WEB配信をするのであれば絶対にカメラはかかせません。理想はWEBカメラと呼ばれるカメラだと手軽に高いクオリティで配信動画が撮れるため、用意しておきたいところです。しかし、とくにWEBカメラにこだわらず手持ちの家庭用のビデオカメラでも問題はありません。

また、どうしても撮影用のカメラを用意ができない場合でも、スマートフォンがあれば撮影は充分可能です。実際、ユーチューバーで人気のある方でスマホ撮影しているケースも非常に多いです。配信動画を撮る以上は、スマホでもプロ仕様でもよいのでカメラが必要と知っておきましょう。

スタンドマイクがあるといい!

もし視聴者からキーボードの音が気になるやマウスのクリック音が気になるといった声があった場合は、スタンドマイクを用意するのがおすすめです。マイクの音を下げてスタンドマイクの近くで話すようにすれば雑音を拾いにくくなるため、質の高い配信が可能になります。

配信方法は大きく分けて2種類

配信方法には大きく分けて2つのパターンがあり、それぞれオープン配信とクローズド配信と呼ばれています。ここでは2つの違いや配信のコツなどを具体的に見ていきましょう。

オープン配信

オープン配信はだれでも見られる状態にする配信方法です。そのため、不特定多数をターゲットとしたイベントや、これから商品やサービスの認知度を高めたいと考えている場合に向いているといえるでしょう。

クローズド配信

クローズド配信は特定の人たちのみに配信するものです。オープン配信だと誰でも視聴できてしまうため、機密事項が漏れてしまう危険性がありますが、クローズド配信なら閲覧制限をかけたうえで配信できるのがメリットです。たとえば、テレワークをしている社員たちに対して連絡や説明をする場合などに適しています。クローズド配信に対応しているサービスもさまざまありますが、セキュリティーなどを考えると無料サービスよりも有料プランのサービスのほうが安心といえるでしょう。

配信のコツ

せっかくWEB配信をするのなら、視聴者にできるだけ満足してもらえるような配信にしたいですよね。また、できれば効果的に多くの方に視聴してもらいたいというのが本音だと思います。そこでここからは、満足度の高いWEB配信にするためのコツや、より多くの視聴者を集めるコツなどをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

キーボードを叩く音やマウスクリック音など雑音をなく

配信中にキーボードを打つ音やマウスをクリックする音などは、視聴者によっては不快に感じる場合があります。とくにヘッドホンやイヤホンをつけた視聴環境の場合、そういった雑音が目立って聞こえてしまうものです。配信者側はなかなか気付くのが難しい部分ですが、中には不快に感じて見るのを辞めてしまう人も居るので、できれば減らしたいものですね。

雑音を極力抑える方法として、マイクの使用が効果的です。マイクで拾う音を小さめに設定し、マイクの近くで話すようにすることでまわりの雑音はかなり抑えられるでしょう。また、音を拾う方向を示す「指向性」が狭いマイクを使用するのもおすすめです。すぐにマイクを用意できない方は、AIが雑音カットをしてくれるアプリなどもあるので、試してみると解決するかもしれません。

配信する時間帯は21〜24時が最適

WEB配信する時間帯は21〜24時がおすすめです。なぜならこの時間帯は、日中に仕事をしている人が仕事から帰りスマホなどを見ていることが多く、視聴者があつまりやすいためです。逆に、朝の7〜9時は視聴者が集まりにくい傾向にあります。これは通勤など移動中で、配信を見られる環境にない方が多いためです。同様の理由で、帰宅ラッシュの17時〜19時や仕事中の昼間の時間帯も避けた方がよいでしょう。

SNSと連携す

TwitterなどのSNSを連携してやるとさらに視聴者を集めやすくなります。有益な情報を発信し拡散されると、「この人の配信は面白いかもしれない」と思って見に来る人が増える可能性が高まります。配信するならぜひSNSも活用し、効率的に視聴者を集めましょう。

まとめ

今回はWEB配信について、事前準備や必要なもの、配信のコツなど解説しましたがいかがだったでしょうか。漠然とWEB配信をやりたいと考えていても、機材をそろえたり場所の手配をする必要があって手間だと感じ、なかなか手が出せずにいる方も多いでしょう。しかし、伝えたいことを伝える手段として、映像で発信することは非常に効果的です。ぜひ本記事を参考に、WEB配信にチャレンジしてみてくださいね。

大阪のおすすめ映像・動画制作会社5選!

商品画像<
会社名ONESTUDIO北堀江
(ワンスタジオ)
株式会社プロシーズ株式会社アントレプレナーファクトリー株式会社PANDASTUDIO.TV株式会社デジタル・ナレッジ
特徴多くのコンテンツを使い放送局レベルの教育動画を作成導入企業数2,400社以上! 大手企業がズラリ3,000以上の教育動画を制作!レンタルスタジオや会議室のスタジオ化を実現!95年創業! eラーニング一筋で20年以上
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧
エリア別!映像・動画制作会社紹介