大阪の方におすすめしたい映像・動画制作会社厳選比較5選!PR動画・マニュアル作成・eラーニング教材制作をしたい方まで必見!

企業はYouTube界に参戦すべき!魅力を伝える鍵はトークにあり

公開日:2021/02/15

近年では大勢の人がYouTubeの存在を認知し、活用しています。そのような高い認知度を誇るYouTubeを利用したいと考えている企業も多いのではないでしょうか。それでは、認知度が極めて高いYouTubeをどのように利用し、活用していけばよいのでしょうか。この記事では企業向けに、YouTube界に参戦すべき理由を紹介します。YouTubeで動画配信を行いたいと考えている企業は参考にしてください。

パンフレットの時代は終わり始めている

従来ではインターネットが普及していなかったため、見込み客が会社に足を運ぶか、問い合わせする必要がありました。しかし、現在では多くの企業がYouTubeに参入し、パンフレットの代わりに会社のPR動画などを作って多くの人に発信しています。なぜなら、現代の需要にピッタリ合っているからです。現在は、テレワーク、スカイプ面接などデジタルなコミュニケーションが急激に増えており、デジタルコミュニケーションツールの利用者は増えていくことが予想されます。YouTubeもデジタルコミュニケーションツールの1つです。

動画とパンフレットでは、動画の方が圧倒的に情報量に優れている

パンフレットはアプローチ数が限定されがちです。見やすいようにデザインも1ページ1ページしっかりと考えなければいけませんし、紙のコストや郵送の費用もかさんできます。情報を伝えるために紙のサイズを大きくしたり、ページ数を増やしたりしなければならず、情報量を増やすほどパンフレットがかさばることになっていたのです。

しかし、動画であれば音声でプレゼンできるので、少しの情報量でもトークで補完できるため、デザインが楽になります。音声を聞くことで信頼感と安心感も与えられますし、顔出ししておいた方が信頼感を高められるでしょう。トークと画像の組み合わせは頭に直接入りやすく、動画ほど優れたデジタルパンフレットはないのかもしれません。

また、動画に抵抗のある人も一定数いますが、そのような場合はPDFファイルで補完すると、より多くの人にアプローチできます。たとえば、YouTubeの概要欄や会社のHPでも、動画用にパワーポイントで作った資料を、そのままPDF化してしまえば、コストも手間もありません。動画があまり好きでない人は、PDFに目を通すという選択もできるでしょう。

このように、常に見込み客の目線になって、選択肢を多く設けることで、よりさまざまな人にアプローチができるのです。YouTube動画もアプローチ手段の1つで、PDFと同じ資料でよいのでコストや手間が軽減できます。顧客に選択肢を増やす、短時間で多くの情報を伝えられることから、YouTubeは優れているのです。

企業のYouTube動画はありふれたものが多かった

既に参入した企業の動画を見ていくと、社内風景の紹介だったり、求人向けの動画だったり、新製品やサービスの紹介などが非常に多く、どれも同じような印象で記憶に残りづらい面もあるようです。多くのライバルが利用するYouTubeで、さまざまな人に見てもらおうと思うと、動画のインパクトとSNSなどによる拡散性が重要になります。

まずはYouTubeで同業者の方の動画などを参考にして、この動画はよいと思ったものをまとめておくとよいでしょう。後から分析して、何が魅力的だと思ったのか、よいと感じたものを取り入れるなど、参考になるものが多くあります。しかし、一番大事なのは自社のオリジナリティであるため、しっかり何を目的とした動画にしたいか明確にしましょう

「話す」ことがYouTube用の映像制作の基本

社風の紹介をするにしても、商品やサービスの紹介をするにしても、景色や商品だけ映している動画を見ることがあるでしょう。しかし、それだけでは伝えたいことが何なのかわかりません。しかし、字幕やナレーションを流すだけでは、簡素すぎて視聴者を飽きさせてしまうでしょう。

社員が声だけでも出演していれば、人間味のある動画になり、視聴者との距離感を縮められるはずです。会社案内で社内を映す映像にしたり、商品紹介のためにパワーポイントを用いた動画にしたりしても、「話す」ことは重要でしょう。音声が入っているだけでも会社の雰囲気が見えやすく、見応えのある動画になります

採用動画なら、社長の理念や人柄も知りたい求職者もおり、話すことでインパクトとして頭に残る動画になるでしょう。社員同士の会話、新入社員の本音も、人間味があると注目されています。YouTubeであれば、業界に興味のある人が関連のキーワードで検索するだけでもたどり着きやすいため、注目され続ければいずれは有名になることもあるかもしれません。

 

音声合成ソフトを使った読み上げやナレーション、字幕だけの動画よりも、肉声のある動画のほうが人間味があり、トークをテンポよく繰り広げることで見応えのある動画になるでしょう。あとは定期的に動画を続けることで、視聴者を増やせる可能性があります。しかし、YouTubeで活動するなら、企画から動画まで準備しなければいけません。準備を毎回行うとなると、企画や予算もそれだけ必要になってくるということです。社内だけで準備するのが困難な場合は、YouTube動画の制作やアップロードを動画制作会社に依頼するということも可能なので、検討してみてはいかがでしょうか?

大阪のおすすめ映像・動画制作会社5選!

商品画像<
会社名ONESTUDIO北堀江
(ワンスタジオ)
株式会社プロシーズ株式会社アントレプレナーファクトリー株式会社PANDASTUDIO.TV株式会社デジタル・ナレッジ
特徴多くのコンテンツを使い放送局レベルの教育動画を作成導入企業数2,400社以上! 大手企業がズラリ3,000以上の教育動画を制作!レンタルスタジオや会議室のスタジオ化を実現!95年創業! eラーニング一筋で20年以上
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧
エリア別!映像・動画制作会社紹介